モデル 辻󠄀本 舞さん Mai Tsujimoto My ELECTORE

2022.09 UP

こんにちは、辻󠄀元舞です。これからこのコーナーで、私の美容法や子育てのこと、ハマっていることなどをご紹介していくことになりました。
今回のテーマは「雑誌やTVの撮影前にしていること」。

撮影をベストな状態で臨むためにしていること、教えます

撮影には、毎回“くすみがなく、凹凸のないなめらか肌”で臨みたいです。
やっぱりキメの整ったなめらか肌なら、メイクのノリもよく照明に映えますよね。だから「フェイストリートメント」で10秒ケアは欠かせません。当日の朝も、使うとキメが整い、トーンアップするので、今や、フェイストリートメントは肌に自信をくれるお守りのような存在です。

モデル 辻本 舞さん Mai Tsujimoto

この9月にリニューアル発売されたばかりの「IPスムージングセラム」も早くも大活躍してます。
目元の乾燥小ジワやクマ、口元のほうれい線など、狙った部分に優しくのせるとスッと浸透するので、すぐにプルンとふっくらします。今まで、子供を叱るとき眉間にシワができないように、“無の目つき”でなるべくシワを寄せないように努力してきたんですけど(笑)。このセラムのおかげで、頑張らなくても良さそうですし、ポーチにも入る携帯しやすいサイズなのもいいですね。シワ改善の救世主の登場は本当にありがたいです。

モデル 辻本 舞さん Mai Tsujimoto

他に私が撮影前にしているのは“むくみ”ケア。朝起きて“顔がむくんでいる‼︎”と感じたときは、全身をストレッチしつつ、首や肩を重点的にほぐします。皮膚が薄く赤みが出やすいので、顔に触れずに頭皮全体をもみほぐしたり耳を回したり。これだけで、目も頭もスッキリして血行が良くなるんです。早朝のロケで時間がなかったら、ロケバスの中でも色々な所を回しているんですよ(笑)。それと、「トマトジュース(無塩)」を飲むのも朝ルーティン。
カリウムが豊富で利尿作用があるので、むくみケアにいい気がして飲んでいます。

PROFILE

\舞さんがUSJダンサーに!?/

モデル 辻本 舞さん Mai Tsujimoto

TV「100%アピールちゃん」(TBS系)で放送されたUSJのダンサー挑戦の様子

14年前に、USJのダンサーをしていた辻󠄀元さん。ダンスの練習を始めたとき、20代ではできたことを上手くできないことにショックを受け、「もっと筋力があると思っていたのに…」と思うようにできない様子も。何度も心が折れそうな舞さんでしたが、「子供たちに舞台に立っている姿を見せたい」というのはもちろん、「自分を超えたい」という強い思いで、1つずつ課題をクリアしてオーディションを勝ち抜き、見事ステージに!

モデル 辻本 舞さん Mai Tsujimoto

舞さんコメント
実は、反響がすごくてびっくりしました。
観てくださった多くの方から今でもたくさんメッセージをいただいているんです。
「何か新しいことを始める勇気をもらいました」といった言葉に、泣いちゃうくらい私も感動しています。
今回のチャレンジでは、「自分がまだこんなに頑張ることができるんだ」と感じられ、「なんでもできる気がする」という自信をくれた、忘れられない夏となりました。

辻󠄀元 舞 Mai Tsujimoto

1987年京都生まれ。高校卒業後の4年間、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」でダンサーをしていたときにスカウトを受け、モデルを中心に芸能活動を始める。自身の絵の才能がテレビ番組『プレバト!!』(TBS系)で開花。以降、同番組の「水彩画コンクール」で2度の優勝を果たす。ライフスタイルを綴っているインスタグラム @mai_tsujimoto や日常を絵日記に描いているアカウント @mai_enikki が人気を集めている。

SPECIAL INTERVIEW