【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

齋藤 薫
写真提供:藤澤靖子
日本では今、目を見張るほど若い40代50代が、どんどん増えている。でも逆を言えば、取り残されてしまった40代50代もいる。若く見える人との差は今や20才分にも広がって見えるほど明暗を分ける。境界線はどこにあるのだろう。

もともと、年相応に年を重ねていたのに、ある日突然のように若返った人がいる。そのきっかけとして思い当たったのが離婚。女としてもうひと花咲かせたいと思ったのは確かで、もう一度恋をしなきゃとも思ったはず。そういう時に眠っていた女の潜在能力が一気に目覚めて、かけた手間以上の成果が出てきてしまうということなのだ。
40代は確かに衰えの坂を少しずつだけれども降りている。そこで一気に上り坂をかけ上がるためには、やっぱり大きなきっかけが必要なのである。

とても単純に、ありえないほど若くてキレイな同年代の女性に出喰わすと、女は素直にショックを受けるはず。何がどう違うのだろう、いつからこんなに差が広がってしまったのだろうと。でもそういう衝撃を受けるだけでも、充分にそのモチベーションとなることを知っておきたい。

言い替えれば、ただキレイになりたい、若くなりたいとぼんやり思っていても、それではいつまでたっても形にはならない。むしろある種の“ショック療法”が必要。キレイな肌になりたいという願いを形にするのには、生身の女性の本当にキレイな肌を見ることがいちばん大事だったりする。頭の中で想像しているだけの美肌はやみくもすぎて目標にはならず、再現しにくいからである。

だから自分よりも20才分くらい若く見えるかもしれない同年齢の女性をわざわざ見に行く。決して目をそらさずに。自分だってその気になればここまで若くなれるのだと自覚するため。相手の若さをひとつの基準として、それを具体的な目標にするため。だから女優の講演会などはどしどし行くべきなのである。

一方で、こんな方法もある。とにもかくにも2キロ痩せる。それが難しいのよと言わないで。たった2キロでも数字となって出てくるのは大きいし、しばらくパツパツで履けなかった服が着れるようになるのは、何より大きい。上り坂をかけあがるには、そういう数字やインパクトある見た目の変化が不可欠なのである。

もちろん、体重のマイナス2キロだけで、見た目が劇的に変わるものではないけれど、自分はまだ可能性をたくさん秘めているのだと希望を取り戻す大きなきっかけになる。キレイになろうと思えばなれるんだという確かな自信をも生まれてくる。
そこで眠っていたエネルギーが目を覚まし、マイナスがプラスに転じる。体の中の何かが切り変わるのだ。そういうスパイラルを自らの手で引き起こすことが大切なのである。

だからともかく2キロ痩せる。痩せてみる。オセロの黒がパタパタと白になるように、細胞が若返っていくかもしれない。もちろん筋肉が少しついてくるとそれだけで前向きな元気が生まれ、キレイになる意欲も全開になる。まさに若さへのリセットのスイッチがONになるのだ。まずは“きっかけ”づくりを待っていてはダメ。自分からきっかけを作ること。

齋藤薫(さいとうかおる)
美容ジャーナリスト
女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト/エッセイストへ。女性誌において、多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。新刊『人を幸せにする美人のつくり方』(講談社)他、『大人になるほど愛される女は、こう生きる』(講談社)、『The コンプレックス』(中央公論新社)、『なぜ、A型がいちばん美人なのか?』(マガジンハウス)など著書多数。
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • クリスマスコフレ&新発売キャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。