【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

バックナンバー

  寒い日々に、気づくと手足が冷たかったり、猫背になっていたりしていませんか。特に冬は首や肩、腰などの関節が硬くなってしまいがち。今回は、大きな動脈が通っている部位を触って血液循環を促すマッサージや、肩コリが解消するツボ押しをご紹介します。これを気づいたときに行うだけでも、血流がよくなります。さらに、体を温めることを忘れずに。腰周りとお腹周りを温めないと、痩せにくくなり、ひいては胃腸の調子をくずますす可能性も。だんだん寒くなり、また、歳を重ねてくると、いろいろな関節が硬くなってきます。夏向けのマッサージは"水分(むくみ)を出す"のが主体ですが、冬は"筋肉を鍛える"のがポイント。気づいたときに関節を動かして、柔軟な体で冬を乗り切りましょう!

鎖骨の下に手を置き、
払うようにマッサージ


鎖骨の下、胸の中央に親指以外の4指を開きながら置きます。そこから両脇へサッサッと払うようにすると、顔の血行がパッと活性化されます。首のコリも改善できるので、気づいたときに内→外へ5回1セット、行ってみて。

親指と人差し指の間の
「合谷」のツボを押す


このツボは肩コリに効果テキメン。親指と人差し指のつけ根を反対の手をでつまみ、よくもみほぐしましょう。即効的に首から上の血液循環が良くなり、風邪のひき始めや頭痛、歯痛にも。

みぞおちを刺激しながら
肩をゆっくり開く


親指以外の4指を、ボールを持つように丸くさせて、みぞおちに置きます(力が強く入らないため)。そこに手を置いたまま肩を開く(または、肩甲骨同士をくっつける)を5回程度行って。血流や胃腸の消化が良くなります。



田中由佳さんもお使いのエレクトーレはこちら
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ 春のファンデーションキャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。