【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

メイクアップレッスン 高橋里帆
高橋里帆(たかはしりほ)
ヘアメイクアップアーティスト
ナチュラルからフェミニン、シックまで様々なイメージを作るテクニックと、持ち前の明るいキャラクターで雑誌モデル達からの支持も高く、ビューティからファションまで幅広く活躍中。

目の下のクマも、くすみもほとんどない、フレッシュな印象のお肌でした。ベースを部分使いすることで、肌の自然な質感を残して今っぽい肌に。ファンデーションはほんのちょっとしか使いませんでした。赤み、くすみ、クマなど、部分的にベースを使う方が、全体が薄づきに仕上がるし、お悩みを解決しやすいと思いますよ。

肌のくすみはもう何年も前からの悩みだったのですが、エレクトーレを使ううちに解消されたのでしょうか(笑)。今日は、憧れの里帆さんのメイクが体験できて感激。とくにアイメイクのテクニックはビデオに撮っておきたいくらい!メイク前に頭から顔、首筋にかけてマッサージをしていただきましたが、肌も明るくなって、目元もシャキッ。自分でもトライしてみようと思います!

「朝は自分にかまっている時間がないので、日焼け止めとチークとマスカラ、グロス程度で出勤しています。『エレクトーレ』との出会いは、美容院で読んだ雑誌の記事。“10秒”に惹かれました。育児と仕事に忙しい私にとってはそれが何よりうれしくて。お風呂では手に余ったトリートメントをあちこちにのばしています(笑)。初めて使った瞬間『いつもと違う!』って思いましたね。それからはもう手放せません」。


「一重まぶたなので、パッチリ目になりたい」というのが、向坂さんのお悩み。加えて、「肌のくすみや、Tゾーンのテカリも気になって」とのことですが、血色がよくてハリのあるお肌に里帆さんもスタッフもビックリ。そこで今回は、大人かわいい春顔メイクをテーマに、元気なお肌をより明るく見せるベースメイクと、目元に自然なメリハリをもたらすテクニックを教えていただきました。

「お肌の色ムラもほとんどないので、質感を整えましょう」と里帆さん。目の下の▽ゾーンとほうれい線の周りに、肌のトーンをアップするピンクのベースを。テカリが気になるというTゾーンや小鼻の周りには、毛穴を目立たなくするベージュ系のTゾーン専用ベースをなじませます。「ベースはお顔全体に使うのではなく、部分的に使います。コンシーラーを使わなくてもキレイに仕上がるのと、崩れにくいというメリットもあります」。指で伸ばすのが一般的ですが、里帆さんはブラシで。余計な力がかからないので、薄づきでもムラなくのせることができます。全体をつなぐ程度に、ごく少量のファンデーションをのばし、ルーセントパウダーで仕上げます。
向坂さんのために里帆さんが選んだのは、柔らかな肌の質感を際立たせるピンクのアイシャドウ。里帆さんいわく、ピンクを味方にするカギは“のせる範囲”。「幅を細く入れる、目のキワに使うことで、はれぼったい印象にならず、大人かわいいニュアンスを作ることができます」。ピンク系をグラデーションで揃えたコンパクトアイシャドウがあると便利。肌なじみの良い淡いピンクをまぶたに細い幅でのせ、アイラインに沿ってシメ色をのせます。
「シメ色は細いラインで、目の幅より少し長めに入れると目が大きく見えます。ラインが太すぎると、目元がきつい印象になり、一重のラインを強調することに」。下まぶたにも、ラメ感のあるシアーピンクを少し。目尻のみつけまつげをつけ、マスカラで仕上げます。優しい印象なのに、キリッとしまったメリハリのある目元が完成。「ピンクのアイシャドウってぼやけるイメージがあって避けていましたが、使い方次第でこんなに変わるなんて!」と、向坂さんも大満足。頬骨の高い部分の少し外側にピンクのチークをふんわりのせて完成です。




ツヤ肌の秘訣「ミネラルオーレファンデーション」はこちら
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ 春のファンデーションキャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。