【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

人物百景 エルビューは日本の伝統文化の推進を応援しています人物百景 エルビューは日本の伝統文化の推進を応援しています
今回はビューティー対談にご登場いただいた藤間紀子様のご子息で、古典歌舞伎ほか 様々なジャンルでご活躍中の市川染五郎さん、また長年にわたり羽子板を作り続けていらっしゃる西山鴻月さんにご登場いただきました。
生きている楽器、三味線
江戸時代にブレイクした、“江戸の音”こと三味線。日本の楽器として三味線を知る人は多くても、実際に触れ、音色に親しむ人はそう多くないはず。
「明治時代以降は馴染みのない楽器になってしまいました。日本人として、きちんとした形で継承していく——それが私の使命です」と、今藤長十郎様。まだ長唄にエネルギーがあるうちこそ、次の世代に伝えていくべきと語ります。
そもそも三味線には、棹に指で押さえる部分を記すものがなく、奏者の耳だけが頼り。一曲の中で何度も調弦を変えながら演奏します。「そんな楽器、世界中を探してもあまりありませんよね」と今藤様。「長唄は、立三味線(たてじゃみせん)が指揮者の役割も兼ねるんです」。三味線は絹糸の絃の伸縮を常に調整しながら、長ければ一曲約一時間にもなる曲を舞台で演奏をする——三味線が、果てしなく繊細な生きた楽器であるとともに、今藤様の演奏もまた、貴重な日本の財産を守る大切な活動であることがわかります。
生きている楽器、三味線
今藤流家元 四世 今藤長十郎様
京趣扇
お着物でもお洋服でもマッチして涼やかにお使い頂ける様作らせて頂いた扇で、扇面地紙のベースは銀泥(銀箔を手の平の温もりと膠(にかわ)で泥状にしたもの)刷毛引です。
 婦人用は銀泥に染料を混ぜ水色・時色・草色等メタリック調の色で涼感を出し、扇絵師が(緊張感を持って1枚ずつ描ける数量50枚限定で)草花・風景・昆虫等を手描きしています。又、扇骨は煤(すす)竹風(たけふう)焼(やき)竹(たけ)を付け重厚で使いやすく仕上げました。
宮脇祥三様
京趣扇
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ 定期大キャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。
  • 私のエレクトーレの使い方
  • 加藤紀子さんコラム
  • スザンヌさん 笑顔のもと
  • 齊藤薫さんコラム
  • 美容・医療ジャーナリスト 海野由利子さんの読むビューティサプリ
  • マッサージ ストレッチ
  • 手作りギフト
  • ビューティフード
  • ビューティサロン
  • 花のある暮らし&吉川千明の香りがくれる幸せ
  • 美学コラム
  • 社長ブログ
  • 心あたたまるお話