【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

バックナンバー

 
 今年は酷暑と台風が入り混じり、いつしか秋、そして冬になってしまったように思います。そして、 気づけばもう年末。外気の冷たさから体がこわばりがちに。そんなとき、帰宅後におすすめしたい香りの活用法をご紹介します。
 まず、1日頑張った心と体をほぐしてくれる香りとしては、クラリセージ、イランイラン、シダーウッド、ベチバー、オレンジなどが挙げられます。こうした香りを、帰宅した後にすぐバーナーで焚いて、香りを嗅ぎながらお着替えするのもよいでしょう。お風呂で最も簡単に活用する方法は、手桶にお湯を注ぎ、そこに1、2滴好きな香りを垂らしてお風呂の隅に置くこと。イランイランやクラリセージ、シダーウッドにベチバーなどは濃厚で長く続く香りなので、1、2滴と少なめで十分です。気分がリラックスしますよ。また、枕元にも同じように使ってみてはいかがでしょう? 
ティッシュに1滴乗せて、枕カバーの下に挟んでみてください。フランキンセンスなども心地よく眠りを誘ってくれると思います。

和食などの会食に出るときは、
体の下のほうに香りをつける


 そして、年末は人との会食が多くなりますよね。ドレスアップしたときは、ローズ、ジャスミン、ネロリなどの香りが、おしゃれの仕上げをしてくれます。ただ、食事となるとプンプン香らせてはNG。おすすめのまとい方は、香料が入っていないバーム(できればオーガニックやナチュラルなもの)を用意し、10ミリ、10ccのバームに1滴精油を落とせば、十分素敵な練り香水になります。これを手首や足首、耳の後ろなどに塗れば、ほんのり心地よく香って、周囲からの好感度も大です。
 さらにシーンによってもまとい方を変えたいもの。お寿司や和食のときは、足元や足首、ヒザ裏につけるだけにしましょう。立食パーティなどでは動くので手首や耳元などにもつけて少し自分をアピールしてもよいでしょう。また、精油が入ったロールオンのデオドラント剤は、ちょっとしたフレグランスとしても活用できます。
 香りは鼻から入って、脳の古い部分(生きる力)に働きかけ、心に効きます。リラックスや元気づけ、おしゃれの仕上げになど目的に応じてメリハリをつけて使うと、日常生活や健康の質を上げることができます。香りを味方に、自分を癒し、気分をアゲて、楽しい冬をお過ごしください。
吉川千明 Chiaki Yoshikawa
オーガニックコスメの第一人者として、スキンケアやスパ、漢方などさまざまな角度から美容法を提案。
CIDESCO国際認定エステティシャン&アロマセラピスト。
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ サマーコフレ
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。
  • 私のエレクトーレの使い方
  • 加藤紀子さんコラム
  • スザンヌさん 笑顔のもと
  • 齊藤薫さんコラム
  • 美容・医療ジャーナリスト 海野由利子さんの読むビューティサプリ
  • マッサージ ストレッチ
  • 手作りギフト
  • ビューティフード
  • ビューティサロン
  • 花のある暮らし&吉川千明の香りがくれる幸せ
  • 美学コラム
  • 社長ブログ
  • 心あたたまるお話