【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

東京都生まれ。学習院大学仏文学科卒業後、1976年に十二代目市川團十郎(当時十代目市川海老蔵)と結婚。江戸歌舞伎を代表する市川宗家を支える存在として多忙な日々を送る。長男は十一代目市川海老蔵、長女は日本舞踊市川流の四代目市川翠扇。着物と触れ合う日常のなかで磨かれたセンスを活かして、着物ブランド「茶屋ごろも」のデザイン・監修を手がける。また、2016年より、ブライダル和装ブランド「麗」で打掛コレクションを展開している。著書「成田屋の食卓 ―團十郎が食べてきたもの― 」(世界文化社)「成田屋のおくりもの」(マガジンハウス)

 
 お着物姿でスタジオへ入られた途端、ふわっと神々しいオーラを放つ堀越さま。"エレガント"という言葉は、まさに堀越さまのためにある言葉だとスタッフ一同、感動しきり。
「春号なので、桜にしました」と美しい桜が描かれた帯をくるりと回って見せてくださると、ライトベージュの美しい着物に、透き通るような肌が映えます。
「こういう明るい色のときは、いつも以上に肌に気を遣いますね。疲れた顔をして着物を着ると、全体が暗いイメージになるんです。だから、エレクトーレのフェイストリートメントが手放せなくて
 エレクトーレをお使いになられて約13年。きっかけは冨宅孝子社長からのご紹介だったとか。
「その当時、主人も息子も舞台に出ることが多く、私も多忙を極めておりました。毎日のように着物を着て外出するため、スキンケアもきちんとしなければ、と思っていたときに社長からご紹介いただいて。フェイストリートメントを使った途端、 ツルンとなめらかな肌触りで、肌のトーンが明るいことにびっくりしたのを覚えています。それ以来、クレンジングや石けん、そしてフェイストリートメントが欠かせません。季節を問わず、シンプルなケアで肌の調子が落ちないのが魅力ですね。"自然なツヤ"が出るのも気に入っています」
 ただ白いのではなく、"巡りのいい血色感のある白肌"でいらっしゃる堀越さま。これからもエレクトーレと共に歩んでいくとおっしゃいます。
「歳をとるのは仕方がないこと。でも、歳を重ねても自分のことは自分でしたいので、できるだけこのまま健康に過ごしたいです。そのためにはバランスのいい食事と適度な運動が大事。今では毎日1時間程度、近所を歩くのがライフワークになりました。頭の中を空っぽにして、日光に当たりながら歩くのが好きな時間。さらに、エレクトーレで、汚れを取り去りうるおいを与えていれば、結構このままいけるんじゃないかしら(笑)。そんな自信をくれるのがエレクトーレです」
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ サマーコフレ
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。
  • 私のエレクトーレの使い方
  • 加藤紀子さんコラム
  • スザンヌさん 笑顔のもと
  • 齊藤薫さんコラム
  • 美容・医療ジャーナリスト 海野由利子さんの読むビューティサプリ
  • マッサージ ストレッチ
  • 手作りギフト
  • ビューティフード
  • ビューティサロン
  • 花のある暮らし&吉川千明の香りがくれる幸せ
  • 美学コラム
  • 社長ブログ
  • 心あたたまるお話