【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

春先の肌をゆるがす
5つの原因


季節の変わり目は気温の変化が大きく、肌がゆらぎがちです。肌の調子が変わると、慌てて何かアイテムを足したくなったりしますが、焦らず一旦落ち着いて肌を見つめ、原因を探すことをおすすめします。まず、春先に肌がゆらぐ原因を再確認しましょう。

1. スギなどの花粉の飛散
2. PM2.5など大気汚染物質の飛来
3. 気温、湿度の大きな変化
4. 環境変化などによるストレス
5. 強くなり始める紫外線

お住まいの地域にもよりますが、これらが肌に影響します。1、2は肌に付着して刺激になりますし、3は肌が乾燥しやすくなりバリア機能が低下します。4は身体の緊張状態が続くので血流が低下し、ストレスホルモンの影響で炎症を起こしやすくなります。5はいうまでもなく肌の乾燥や炎症を引き起こします。このように、春先の肌はさまざまな刺激を受けて敏感になり、乾燥や炎症を起こしやすくなっているのです。

敏感になった肌を観察しいつもより優しいケアを

「いつもと同じケアをしているのに、なんだか肌が敏感」というときは、まず肌の観察をして現状をチェックしましょう。日々の肌の変化を、細かく確認できるのは自分しかいません。早めに対応することで悪化を防ぐこともできます。(観察には拡大鏡がおすすめ。×3倍がメイクのときにも使えて便利です)
よく観察して、乾燥している部分とかゆみ、赤みのある部分を把握します。乾燥しているところは刺激を感じやすいので保湿を重点的に。かゆみ、赤みのある部分は既に刺激を感じている状態なのでケアの仕方をいつもより優しくすることが大切です。洗顔、トリートメント、保湿の際には手やタオルで肌をこすらないこと、肌のうるおいを奪いやすい40度以上のお湯を使わないこと。花粉など、外気に含まれる刺激物質が気になる時期は、帰宅後はまず洗顔をして、肌に付着したものを洗い流してスキンケアを済ませるのもいい方法です。夜、寝るまでの間に肌の乾燥を感じたら、ローションの「追いづけ」か保湿クリームを重ねましょう。
食事や睡眠で、ゆらがない肌作りを内側からサポート

肌のゆらぎを防ぐためには食材やサプリで体の内側からサポートすることも大切です。ストレスに対抗するにはビタミンB群やカルシウム、抗酸化力を高めたいならビタミンA・C・EやEPA、DHAを。これらが多く含まれる食材やサプリを意識して摂りましょう。いい状態の肌を作るために、たんぱく質(コラーゲン、プロテイン、アミノ酸も含めます)もたっぷり摂りましょう。
肌のダメージが修復されるのは夜です。ぐっすり眠れるように、寝る2時間前からはブルーライトを発するテレビ、パソコン、スマホはオフにしてリラックスできる状態に。ゆらがない肌を維持するのは、自分自身の観察と優しいセルフケアなのです。
海野由利子 Yuriko Umino
ファッション誌の編集者を経てフリーに。皮膚科、婦人科、美容医療など医療分野にも取材の幅を広げる。雑誌の執筆のほか、化粧品開発や講演、ラジオ出演など多彩に活躍中。
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ 定期大キャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。
  • 私のエレクトーレの使い方
  • 加藤紀子さんコラム
  • スザンヌさん 笑顔のもと
  • 齊藤薫さんコラム
  • 美容・医療ジャーナリスト 海野由利子さんの読むビューティサプリ
  • マッサージ ストレッチ
  • 手作りギフト
  • ビューティフード
  • ビューティサロン
  • 花のある暮らし&吉川千明の香りがくれる幸せ
  • 美学コラム
  • 社長ブログ
  • 心あたたまるお話