CONCEPT

コンセプト

Physical Science Skincare

フィジカルサイエンススキンケア

フィジカルサイエンススキンケア

エレクトーレは「電位」に着目。
化学的アプローチから物理学的アプローチへ

エレクトーレは、"成分を補う"という
化学的なアプローチだけでなく、
肌が持つ"美しくなろうとする力"を引き出す
物理学的なアプローチが
大切と考えました。

そこで、「電位」に着目。
電気的エネルギーを化粧品に応用することで、
肌本来の美肌力を引き出す
"フィジカルサイエンススキンケア"を実現させました。
この考えを元に誕生した
"たった10秒のエイジングケア"
フェイストリートメントをはじめ、
簡単シンプルスキンケアで、
忙しい毎日を送る女性を美肌に導きます。

TECHNOLOGY

フィジカルサイエンススキンケアを
支える2つの技術

ミネラルオーレ※1×IP浸透※2技術

※1 スキンコンディショニング成分(水、シリカ、アルミナ、酸化鉄)
※2 角質層まで

独自成分ミネラルオーレ※1マイナス電位

ミネラルオーレ

1つ目の技術は"たった10秒のエイジングケア"フェイストリートメントを実現させた、独自成分ミネラルオーレ(R)が持つマイナス電位(還元電位)の技術です。
ミネラルオーレ(R)とは岐阜県奥美濃地方で産出されるミネラル豊富な天然鉱石を粉砕し、クレイ状(泥)にした成分です。鉱石の良質な部分のみを繰り返し粉砕する過程でマイナス電位(還元電位)を持たせ、維持させることで"たった10秒のエイジングケア"を可能にしました。大学との共同研究で、肌への効果が学会発表されています。

※1スキンコンディショニング成分(水、シリカ、アルミナ、酸化鉄)
※2 年齢に応じたスキンケア

学会発表について詳しくはこちら 矢印
ミネラルオーレが出来る工程
  • step1

    岐阜県奥美濃の天然鉱石

  • step2

    鉱石の酸化されていない箇所1/10だけを使います

  • step3

    独自技術によりマイナス700mVの電位を持たせて完成

独自成分ミネラルオーレ

TOPIC

独自原料「ミネラルオーレ」のマイナス電位

左の数値は酸化還元電位の大きさを測定している図です。
水道水の「564mV」という数値に対し、ミネラルオーレは「-707mV」とマイナスの数値を示しています。

独自の浸透技術「アイオニックパッシブ(IP)技術」

アイオニックパッシブ(IP)技術とは皮膚内外の電位差(膜電位)に着目し、浸透が困難とされる水溶性成分の浸透を助ける技術です。医薬の経皮投与の研究を基に生まれました。

IP(アイオニックパッシブ)理論モデル

ABOUT エレクトーレ商品について

肌本来の力を生かして
シンプルケアへ導く

これまでのスキンケアは
「足りないものを補う」という考え方が主流でした。
けれどそれは、一時的な対策にすぎません。
紫外線、大気汚染、ストレス…
厳しくなる肌環境に立ち向かうには、
肌そのものに“体力”をつけること。

「エレクトーレ」は、毎日のスキンケアで、
肌自らうるおう力、生まれ変わる力を引き出すことが
第一と考え、ひとつの回答を導き出しました。

それは、肌の『電位』に着目した、
まったく新しいスキンケア。
“フィジカルサイエンススキンケア”で、
肌本来の力を目覚めさせ、しっかりと支え、
維持することでダメージに負けない
健やかな肌を育んでいく。
忙しい毎日を送る方にも時間をかけずに簡単に、
シンプルで納得のいくスキンケアができるように。

今ある肌トラブルに取り組むとともに、
未来を見据えた肌づくりを目指します。