【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

メイクアップレッスン 高橋里帆
高橋里帆(たかはしりほ)
ヘアメイクアップアーティスト
ナチュラルからフェミニン、シックまで様々なイメージを作るテクニックと、持ち前の明るいキャラクターで雑誌モデル達からの支持も高く、ビューティからファションまで幅広く活躍中。
 
モニターのお仕事でフェイストリートメントを使ったのをきっかけに長くご愛用くださっている古藤様。レースチームの専属カメラマンとして、また和装モデルなどでもご活躍されています。「フェイストリートメントは1回の使用で顔の色がトーンアップするのがわかりました。屋外での仕事も多いので夜のトリートメントは欠かせません」。
ミネラルオーレP配合でスキンケアしながらメイクアップ。1本6役の高機能ファンデーション
「ミネラルオーレファンデーション」30mL 5,400円(税込)


手のひらに化粧水を適量とり、押し込むようにし、肌に入りきったらもう一度、同量を顔全体に押し込みながら付ける。
さらに、少量の化粧水を手にとり、乾燥を感じる部分に2回重ね付けして、うるおいが満タンになるまで水分を入れ込む。
水分が足りないと、ファンデーションのノリが悪く、くすんで見える原因にもなります。浸透力の高いIPフィルモイスチャーなら、1本でしっかり保湿でき、ファンデーションも少量ですみます。
肌より明るい色のミネラルオーレ ファンデーションをワンプッシュ取り、眉尻、頬骨、口角、顎を線で結んだ内側に塗る。
スポンジでファンデーションの境目をぼかすように、一周抑える。このときスポンジは滑らせず、抑えるようにするのがコツ。
顔の中央が明るいと、くすんだ印象を一掃し、また小顔効果にもつながります。薄付きで素肌のように仕上がるミネラルオーレファンデーションなら、キメを整え透明感をアップします。
少し濃い目のローズ系や青みピンク系の口紅を塗る。輪郭をなぞってはっきりさせると、小顔効果も生まれます。
綿棒で口角の下に、肌より明るいファンデーションを塗って影をカバーすると、表情まで明るくなったように、トーンアップ。
今年の春は、青みピンクやローズ系の色が流行りですが、肌を明るく見せてくれるカラーでもあります。また、薄い色よりも濃い色をつけることで、肌の色がより明るく見えます。


高橋里帆さんもお使いのエレクトーレはこちら
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ サマーコフレ
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。