【エレクトーレ公式通販】電位理論に基づく新発想エイジングケア

English

お電話でもご注文・お問い合わせください【0120-8098-48】

しまだちあき/各女性誌をはじめ幅広いメディアで活躍。常に時代の空気を読み、女性の美を瞬時に引き出す才能から、多くの女優・タレントから指名が引きも切らない。未来のアーティストを育てるアカデミーでの指導や化粧品のプロデュースにも精力的に携わっている。
冨宅:今日は、嶋田さんにお目にかかるだけでなく、メイクもしていただけて光栄です。自分の変身にまだ少し照れますが、どんどん満足度が高まって(笑)。

嶋田:よかった(笑)。

冨宅:今まで知らなかった自分を教えてもらった気がいたします。メイクの力って、不思議ですね。でも、私をパッとご覧になってからすぐにメイクをはじめてくださいましたが、仕上がりのイメージなどは、どのように決めていらっしゃるのですか?

嶋田:僕は、メイクは、外見を演出することだけでなく、外見を変化させてその方の内面をプロデュースすることだと思っています。今日、座る場所や洋服を拝見した後で、僕、冨宅さんにいろいろ伺いましたよね?

冨宅:はい、とても何気ない会話でしたが——

嶋田:人々に夢を与える美容業界の女性として、冨宅さんがどんな雰囲気を持つ女性なのか、僕は会話しながら内面のニュアンスをつかんでいたんです。洋服も黒を選ばれましたが、実は黒って、シックにも華やかにも演出できる色。どっちがお好みなのか知りたかったからです。

冨宅:すごい。

嶋田:エレガントさや気品を生かしながら、どこまで華やかに見せるかがポイントでした。だから、冨宅さんのやさしい雰囲気を引き出して、ほんの少し華やかさを演出したんです。

冨宅:ありがとうございます。

嶋田:いくら華やかなメイクに仕上がっても、その方が『これは私じゃない。居心地が悪い』と感じたら、だめなんです。そこをどうフィットさせていくか、プロデュースの難しいところです。

冨宅:ヘアスタイルやメイクって、時にその人の人生にも影響するのではないかと思います。人生は出会いの積み重ねであり、顔は、その方の第一印象を左右するもの。そうした意味では、私も、プロデュース力の大切さを感じます。

嶋田:そうですね。メイクアップアーティストとはいえ、単にアーティストでは自己満足の域。そのタレントさんや女優さんたちが売れっ子になって、人々の評価を得るようになるためにはどうしたらいいか、それを考えなくてはいけないんです。

冨宅:嶋田さんに各方面からのリクエストが相次ぐ理由がわかりますね。多くの女性たちをプロデュースしてこられて、その人を見ただけで内面がわかるということ、ありますか?

嶋田:ありますね。特に同じ方を担当していると、微妙な感情の変化もすぐわかります。素顔のときは気づかなくても、メイクし始めると、何があったのか、視線や筋肉の動きでわかります。いつもと同じメイクをしようとしても同じメイクにならないですから(笑)。
 
嶋田ちあき様
とみたくたかこ/TTI・エルビュー株式会社代表取締役。TranscuLtd.エグゼクティブ・バイス・プレジデント
ファッション、美容などの幅広い知識を生かし、美をトータルに追求している。
冨宅:メイクの土台となるのは肌だと思いますが、嶋田さんにとって理想の肌はどのような素肌ですか?

嶋田:透明感、ハリ、ツヤのある肌ですね。その人の清潔感や華やかさが一番表れる部分ですから、僕はまず肌の質感を見ます。この透明感、ハリ、ツヤがないと、どんなに整った顔立ちでもさびしい印象に見えてしまうんです。テクニックや化粧品も、それを補うためのものだと思っています。

冨宅:実は「エレクトーレ」が追求しているのも、まさにその透明感、ハリ、ツヤなんです。肌が本来持つ力を引き出しながら、質感を整える——まさにそこに応えていくスキンケアなんです。

嶋田:メイクの仕事をしていると、やはり究極はスキンケア。肌から湧き出る品格や個性、エネルギーに、人は美しさや存在感を感じるんです。そう考えると、僕にとってはシワなんか大した問題じゃないですね。

冨宅:「エレクトーレ」をお使いになって、いかがですか?

嶋田:いいですね。トリートメントはたったの10秒でOKとシンプルですし、さっぱり洗えてしっとり。トリートメント後の肌は特に、化粧水の浸透の良さを実感しました。

冨宅:トリートメント後の肌に感動してくださるお客様、実はとっても多いんです。嶋田さんが手がける「ブリリアージュ」も、肌作りに力を入れていらっしゃいますが、ベースメイクで一番大切なことは何ですか?

嶋田:ずばり、化粧下地ですね。肌って、ファンデーションだけできれいに見せるには限界があるんです。厚塗りすれば崩れやすいし、一般の方にとってメイク直しこそ難しい。だったら、崩れない化粧下地を作ろうと思ったんです。化粧下地で肌のトーンを上げて、ごく薄くのびるファンデーションをなじませる。これで肌は決まるんです。それと、透明感とは、肌を白く塗ることではないんですね。肌の色は人それぞれ。白肌にもダークスキンにも持ち味がありますが、透明感がないとどちらもきれいじゃない。

冨宅:メイクもスキンケアも、土台作りが大切ですね。
冨宅:ポイントメイクで大切なことがあれば、ぜひ教えてください。

嶋田:まずはアイシャドウですね。大人の女性のまぶたは自然とくぼみ、メリハリができるので、アイシャドウで陰影をつける必要はありません。むしろ、フラットにして、黒のアイラインとマスカラで、印象度を高めといいんです。

冨宅:今日の私のメイクでもアイシャドウはベージュの1色だけでしたね。

嶋田:いつもより眉のアーチを少し上げるのもいいですよ。目に力が出て、リフトアップして見えるから不思議。

冨宅:それはぜひ皆さんにも実践していただきたいです。

嶋田:目元が疲れてるなって感じたタレントさんなどには、眉をどんどん上げていくんです。本人には無断で(笑)。

冨宅:(笑)そうして皆さん元気になっていくんですね。

嶋田:肌の血色を良く見せるなら、口紅よりもきれいな色のチークに頼るといいですね。通常の頬の位置よりも、ほんの1センチくらい高い位置にのせると、頬の位置が高く見えるから、リフトアップして見えるんです。今日は僕の秘密をたくさん披露してますね。

冨宅:貴重なレッスンを、ありがとうございます。それにしてもこんなにお忙しいのに、とても健康的でいらっしゃる。その秘訣は何ですか?

嶋田:僕は、健康にはかなり気を遣っていますね。45歳を境に疲れを全身で感じるようになってから、10年後が怖いと感じるようになったんです。その頃出合ったのが、加圧トレーニング。夫婦でもう7年続いてますね。職業柄、肩や腰には相当な負担がかかるのですが、今はマッサージいらず。体にきちんと筋肉がつくから新陳代謝もよくなって、冬でもポカポカ。体が熱いんですよ。

冨宅:それは興味深いですね。

嶋田:あとは1日に1食は玄米を食べ、夜9時以降は食事をしないようにしています。

冨宅:ほんと、徹底していらっしゃいますね!やはり、美と健康は切り離せませんね。

嶋田:そうですね。健康でないと頑張れないし、輝けない。昔から、『健全な精神は健全な肉体に宿る』といいますしね。

冨宅:今日は本当に素晴らしいお話を、ありがとうございました。

嶋田ちあき様もお使いのエレクトーレはこちら
  • 初めての方へ
  • 初めての方限定、人気の3点セットが入ったトライアルセット
  • エレクトーレ 福袋キャンペーン
  • 特典いっぱいの定期コースのご案内。