齋藤薫のビューティスタイル

vol.37

2021冬

自然界の秘めたる力を借りる、
フィジカルサイエンスが、
女性たちの生き方まで変える?



今、美容界に静かな、でもとても大胆な革命が起きている。それは「フィジカルサイエンス=物理科学」という新しいカテゴリー、これがにわかに注目されているのだ。フィジカルサイエンス? とても難しい概念だ。でも例えば、地球には引力があって、だから物が落ちる、そういう自然界が持つ不思議な力を研究する分野と考えればわかりやすい。電気力のプラスとマイナスとが引き合い、プラス同士は反発し合うこと、磁石もまたN極とS極が吸い付き、N極同士が反発し合うのもやっぱり物理科学。いってみれば地球、さらには宇宙がもたらす見えないエネルギーを応用するのがフィジカルサイエンスの美容なのだ。

植物などの自然成分を用いず、でも自然の力だけで効果を出す究極のナチュラルスキンケアとも言えるもの。刺激もない上予想もしなかった目覚ましい効果が得られるこの分野が、今様々なアイテムで注目を浴びているのだ。その先駆けとなったのが、他でもないこのエレクトーレ。

鉱物という〝地球の素材〞がもつ不思議な力を応用して、衰えの根源を一瞬にしてなきものとする、まさに究極のエイジングケアを提唱してコスメ界を驚かせた。それは、人間の肌にも電気が宿っているから可能なこと。つまり肌も、肌のサビも電気エネルギーを帯電していることから、このサビをとって元に戻す還元という現象を一瞬にして起こすもの。だからたった10秒、いや現実にはもっと短い一瞬でエイジングケアが完了する、そんな夢を実現したのだ。

まさに肌の未来を変えてくれる10秒エイジングケアが、この秋大きく進化する。実は今回の進化もまた物理科学の結晶。主要成分を少しでも早く深く届けるための秘策として、自分よりも先に主要成分を押し入れるようにその浸透を強力サポートするIP分子を配合する、これまた未来のテクノロジーIP浸透技術を採用したのだ。フィジカルサイエンスだけが叶える劇的効果を今こそ体験すべきなのである。

ではその速攻的な還元によって、肌では一体何が起こるのか?言ってみれば時間を戻すようなアプローチなわけで、以前のように生き生きしたハリのある肌が戻ってくるのはもちろん、肌の輝きや明るさも増してくるはず。部分的なトラブルを個別にお手入れするのではなく、肌の構造そのものに働きかけることができるから、内側から若返ったような印象をもたらすことができるのだ。

もっと言えば、単なる面の若さではない、存在の若さをもたらすからこそ、電気エネルギーを使ったフィジカルサイエンスは未来のエイジングケアと言われるのだ。 これは成分を外から与える従来のスキンケアとも、また注入などの美容医療とも違う、とても神秘的な力を借りる未知の手応え。年齢に縛られることのない、人生100年時代も美しさを全うする、真にポジティブな生き方へ導く1つのきっかけになるのではないだろうか。

フィジカルサイエンススキンケア、それは単に新しいカテゴリーではない、女性の生き方を変えるほど重要な革命なのである