INNER

Beauty Food

旬の食材で美と健康をキープ! 松見早枝子さんのビューティレシピ

Lesson.43

キレイになれる旬の食材

きくらげ

不溶性の食物繊維が豊富で腸活にオススメ。また、貧血予防の効果やむくみ改善効果にも優れ、まさに女性の味方!

最強のエイジングケア食材、
きくらげで肌や髪にうるおいを

こんにちは。料理家の松見早枝子です。私は普段から〝旬感〞を大事にしています。季節に合った旬の食材をいただくことが最も健康でいられる秘訣だと思うのです。そこで、冬にオススメしたいのが「きくらげ」。海藻の仲間と思っている方も多いかもしれませんが、きのこの一種です。乾燥タイプがあるので、一年中手に入る食材ではありますが、特に寒い季節になるとわが家の食卓のきくらげ登場率が急上昇するんです。

きくらげは、肌や髪にうるおいを与える働きのほか、カルシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富。薬膳ではエイジングケア効果に優れる〝黒い食材〞のひとつでもあります。食べると水分を吸収して膨み、腸を動かして便秘の改善効果も。しっかり噛むことで満腹感も得られるのでダイエットにも効果的、といいこと尽くし!

炒めると食べやすいので、ぜひお試しを。 そして、肌も髪もツヤツヤでお過ごしくださいね。


見た目も食べ応えも満点!

鶏胸肉の中華あんかけごはん


材料

2人分
・ご飯 2人分
・鶏胸肉 1 枚
 →塩、こしょう、片栗粉 各少々
・乾燥きくらげ 5g
・にんじん 4cm
・万能ねぎ 5 本
(A) ・にんにく、しょうが 各1 かけ
  ・豆板醤 小さじ1/2
  ・ごま油 大さじ1
・だし汁 400ml
・酒 大さじ1
(B) ・オイスターソース、酢 各小さじ1
  ・お好みでクコの実 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2 を同量の水で溶く

手順

1.乾燥きくらげはさっと洗ってぬるま湯に30分ほど浸けてやわらかく戻し、1cm幅に切る。にんにく、しょうがはみじん切り、にんじんは厚さ3mmのいちょう切り。万能ねぎは長さ4cmの斜め切りにする。
2. 鍋に(A)を入れて中火で炒める。香りが出たらにんじんときくらげも加えてさっと炒め合わせ、だし汁を注いでふたを閉める。煮立ったら3分ほど煮る。
3.鶏胸肉は縦半分に切り、端から1cm幅に切る。塩こしょうし、片栗粉も薄くまぶす。
4.2に3と酒を加えて鶏肉の表面の色が変わるまで煮たら、(B)を加え、鶏肉に火が通るまで3分ほど煮る。
5.しょうゆと万能ねぎを加えて水溶き片栗粉を回し入れ、とろみがつくまで煮立たせながらかき混ぜる。器にご飯と一緒に盛りつける。


きくらげでもう一品!

きくらげと松の実のきんぴら

材料

2人分
・乾燥きくらげ 10g
(A) ・水 大さじ2
  ・みりん、しょうゆ 各小さじ2
・松の実 10g
・お好みでクコの実 10g
・ごま油 大さじ1

手順

1.乾燥きくらげはさっと洗ってぬるま湯に30分ほど浸けてやわらかく戻し、ひと口大に切る。
2. フライパンにごま油を熱し、きくらげと松の実をサッと炒めたら、(A)とお好みでクコの実を加えて水気が飛ぶまで炒り煮する。