INNER

季節の体悩みをスッキリ! 自宅で簡単ヨガポーズ

Vol.8

2021夏

夏冷え対策

室内外の気温差や冷たいものの摂りすぎで、意外と気になる〝夏の冷え〟。自宅で手軽に解消しましょう。

心と身体を整えて冷えを撃退!

夏になると疲れが抜けない、コリがひどい、下半身がだるいなどの症状が気になりませんか? これらは冷えによる自律神経の乱れによるもの。ヨガは深く呼吸をしながら体のひとつひとつのパーツに意識を向けて、心と身体を整えていきます。ご紹介するポーズはどれも手軽にできて効果は抜群! 体の大きな筋肉を動かすので、全身のめぐりがよくなり体内からポカポカになります。自分が気持ちいいと思える範囲で、毎日少しずつでも続けてみてください。

1 椅子のひねり

内臓機能を高めて自律神経の調整にも
ひざをそろえてまっすぐに立ち、胸の前で合掌します。息を吐きながら椅子に座るように腰を落とし、そのまま上半身を右側にひねって3~5呼吸キープ。反対側も同様に行います。

\最初はこれでOK/



2 仰向けV

お腹の圧力を使って全身ポカポカに
仰向けになり、両手は頭の下に。脚をそろえて立てひざにします。丹田(おへその下側)を引き締めるように意識し、息を吐きながら頭と両脚を天井に向けて持ち上げ、30秒~1分キープ。難しければ頭は床につけたままでOK。

\最初はこれでOK/



3 ウサギのポーズ

頭頂部のツボを刺激してリフレッシュ効果抜群
正座をして息を吐きながら両手と額を床に下ろします。手のひらは顔の真横に。息を吸いながらお尻を持ち上げて頭頂部を床につけます。肩を引き下げて下半身を安定させた状態で3~5呼吸キープ。
注:血圧・眼圧が高い人はさけてください。

冷房による〝脚のむくみ〟の解消法

片脚伸ばし

仰向けになり、脚をそろえて立てひざにします。左脚を上げて両手でつかみ、心地よく感じる程度に体に引き寄せて3~5呼吸キープ。反対の脚も同様に。脚の背面がしっかり伸びているのを意識しましょう。

バッタのポーズ

うつ伏せになり、両手を骨盤の下に入れます。息を吸いながら両脚を床から浮かせ、3~5呼吸キープ。脚のむくみ解消だけでなく、背面強化にも役立ちます。